お知らせ

年末のビジネスマナーチェック

12月(師走)になり忙しい季節となりましたね。
慌ただしい年末に起こり得るビジネスマナーに関するちょっとした疑問点をご紹介いたします。

 

Q:喪中の得意先に御歳暮は贈ってもいい?

A:「贈っても問題ない」です。

相手が喪中であっても、自分が喪中であっても、御中元や御歳暮を贈ることは問題ありません。
ただし、喪中に贈る場合は紅白の水引や熨斗紙は避け、奉書紙に表書きをして贈るようにするとよいでしょう。

 

Q:会合等で名刺交換をしているうちに名刺がなくなった。どうしたらいい?

A:「切らしたことを詫び後日自分の名刺を郵送」です。

予想以上に名刺交換の機会が多く、あいにく切らしてしまった場合には、まず名刺がなくなったことを相手に丁重にお詫びして、後日自分の名刺を郵送するのが、望ましい対応と言えます。簡単な詫び状と会合のお礼の挨拶等を添えるとよいでしょう。
それ以前のビジネスマナーとして、大勢の人が集まる会合の場合は、事前に多めに名刺を用意しておくことが鉄則です。

 

 Q:宛名書き。株式会社を(株)と略してもいい?

A:「略すのはマナー違反」です。

株式会社・有限会社等は会社の固有名詞の一部と考えます。個人宛てに送るときに名前を略することが失礼にあたるのと同様、相手が会社名である場合も、固有名詞の一部を省略することは大変失礼です。
もし「株式会社」が社名の前か後かが分からなくなってしまったら、相手の会社に電話等で確認を取ってください。確認を取ることはマナー違反ではありません。省略したり、不明確なまま前か後に適当に「株式会社」をつけて間違った社名で送付することは、とても失礼にあたります。

 

Q:お客様との約束の時間に遅れそう・・・。目の前に電車が・・・。電車に飛び乗る?連絡を入れる?

A:「遅れるかもしれないと相手に一報を入れるのが優先」です。

乗れば間に合うかもしれませんので、迷われた方も多いのではないでしょうか。難しい選択です。
遅れそうな場合の鉄則は、約束の時間までに連絡を入れることです。「遅れるかもしれない」という連絡さえ事前に入っていれば、待たされるお客様も事情が把握でき、苛々することもありません。
信頼関係を維持するためには、非常に重要なポイントです。電車に飛び乗ってしまった場合、間に合えばほっと一息ですが、何らかの事情で電車が遅れたりして、約束の時間までに連絡を入れることができない可能性もあります。信用をなくさないために、このような危険な賭けは避けたほうが望ましいでしょう。

 

 

※本情報を実際の意思決定等に利用される場合は、利用者ご自身の判断でお願いいたします。
その利用により生じたあらゆる不利益や問題について
山本文則税理士事務所は何ら責任を負うものではありませんのでご了承ください。

 

↑ 一覧へ戻る
  

初回相談無料まずはお気軽にご連絡ください【TEL:03-5844-6578】受付時間/平日9:00~19:00

メニュー

  • ホーム
  • 事務所ご案内
  • サービス一覧
  • 料金のご案内
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

コンタクト

初回相談料無料!【TEL:03-5844-6578】受付時間/平日 9:00~19:00

  • メールはこちら【24時間受付中】
  • 会社設立起業支援プラン
  • 顧問先様専用サイト【Mykomon】

マップ

JRお茶の水駅から 徒歩約5分
丸の内線 お茶の水駅から 徒歩約6分
都営大江戸線 本郷三丁目駅から 徒歩約7分

エリア

東京都23区を中心に
千葉県/埼玉県/神奈川県
静岡県/群馬県

ページの先頭に戻る